2016.01.19

全豪OP1回戦快勝! 錦織圭がもたらす日本テニスへの福音

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

1回戦をストレート勝ちした錦織圭。ファンの声援に応える 2016年最初のテニス4大メジャーであるオーストラリアンオープン(全豪)が開幕し、第7シードの錦織圭(ATPランキング7位、1月18日付け、以下同)は、1回戦で、フィリップ・コールシュライバー(34位・ドイツ)を、6-4、6-3、6-3で破り、2回戦に進出した。

「最初は、相手の出方を見る形になる」と語っていた錦織。第1セットでは、お互い緊迫したサービスキープが続いたが、コールシュライバーのサーブで第10ゲーム30-30から、コールシュライバーが2本連続でストロークミスを犯し、初めて訪れたブレークポイントに錦織がワンチャンスをものにしてセットを先取した。

「(コールシュライバーは)危険な選手です。でも、圭のスタイルを貫いて、いいプレーができれば、良い結果はついてくるでしょう」とマイケル・チャンコーチが語っていたように、錦織は得意のフォアハンドストロークで先手を取って、ラリーの主導権を握り、コールシュライバーのミスを誘った。さらにネットに17回出て12回ポイントにつなげるなど攻撃的なプレーが光り、コールシュライバーに対して、1度もブレークポイントを許さない完勝となった。錦織は満足のいくプレーができ、メルボルンで最高のスタートが切れたことを素直に喜んだ。

「1セット、2セットを取られることを想像していたので、このスコアで勝てるとは想像していなかった。リスペクトできる相手だったので、自分も集中していたし、出だしの入りがよかった。サーブもストロークの調子もすごくよかった。今日はすごく感覚がよかった」