2016.01.18

全豪OPは死のドロー。錦織圭、メジャー奪取のシーズンが始まる

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

全豪オープンに臨む、第7シードの錦織圭 2016年最初のテニス4大メジャーであるオーストラリアンオープン(全豪オープン)が、1月18日から真夏のメルボルンで開幕する。

 ATPランキング7位(1月11日付け、以下同)の錦織圭は、16年のツアー開幕戦であるATPブリスベン大会でベスト8に進出した後、メルボルン入りした。クーヨンクラシックでのエキシビションマッチを1試合消化し、大会会場で出場選手らとともに練習しながらコンディションを整えた。

 16年シーズンも、錦織とツアーを回るマイケル・チャンコーチとダンテ・ボッティーニコーチは、調子の良さそうな錦織のコンディションを次のように語る。

「とてもいいよ。試合をする準備はできています。フィジカルも問題なくいいです。いいオフシーズンを過ごせたからね。テニスもフィジカルもいろいろやって、この大会に備えました」(ボッティーニ)

「圭の状態はいいよ。健康だし、いいプレーができているからね。今のところ、たぶんベストと言えるような練習ができているよ。だから楽しみだね」(チャン)

 錦織は第7シードになり、大会ドローのトップハーフに入った。1回戦の相手は、フィリップ・コールシュライバー(34位・ドイツ)。昨年の全豪と同様、初戦としてはタフな対戦相手となった。コールシュライバーは、ツアーでは数少ない片手バックハンドを打ち、グラウンドストロークのクオリティーが高い。12年7月には自己最高の16位を記録し、ツアー優勝6回の実績を持つ32歳のベテランだ。意外にも今回が初対戦であり、この試合は開幕日の1月18日に入る。