2016.01.15

全豪OP直前。錦織圭と世界トップは
どんなオフを過ごしたのか?

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki   photo by Getty Images

 昨年11月。冬の気配漂うロンドンの地でシーズン最後の戦いを終え、惜敗に悔いをにじませながらも「良い試合が戻ってきて、収穫のほうが多かった。ポジティブにとらえてオフシーズンを頑張りたい」と口にした男は、そのわずか6週間後には、真夏のオーストラリアで新たな戦いを迎えた。

短いオフでリフレッシュしてコートに帰ってきた錦織圭 日本で過ごした少しばかりの休日は、長い戦いで疲弊した心身を癒してくれただろうか? 高温多湿のフロリダで迎えたクリスマスや、26回目の誕生日(12月29日)は、新たな決意をその胸に刻む日となっただろうか?

 錦織圭の2016シーズンは、新たな年を迎えるとほぼ同時に、早くも火ぶたが切られた。

 改めて繰り返すまでもないだろうが、テニスのオフシーズンは驚くほど短い。しかも多くの選手たちは、オフシーズンの間ですらチャリティマッチに参加したり、スポンサー関連のイベント等をこなしていく。

 16社とのスポンサー契約を持つ錦織の場合はそれが顕著で、シーズン最終戦の直後から複数のCM撮影や、年末年始用のテレビ収録をこなしてきた。さらに11月末には東京の有明コロシアムでチャリティマッチを戦い、12月に入るとアジアを中心とするリーグ戦「インターナショナル・プレミア・テニスリーグ(IPTL)」にまで参戦したのだ。