2020.02.03

2023年ラグビーW杯に向けて
サンウルブズが始動。期待の新鋭に注目!

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 2023年ラグビーワールドカップに向けて、大学生の「若き狼たち」が好スタートを切った。

 2月1日にスーパーラグビー2020が開幕し、今年で参入5年目、そしてラストイヤーとなる日本唯一のプロラグビーチーム「サンウルブズ」が福岡・レベルファイブスタジアムでレベルズと対戦した。

サンウルブズデビューを飾った齋藤直人とシオサイア・フィフィタ 前後半ともに先にトライを挙げるなど、サンウルブズは終始、持ち前のアタッキングラグビーを見せた。終わってみれば5トライを奪取し、36−27で勝利。開幕戦で初めて白星を挙げるとともに、対レベルズでも6戦目にして初めて勝利を奪った。

 この試合では、7人の選手がサンウルブズデビューを果たした。なかでも注目されたのは、大学生の3人。大久保直弥ヘッドコーチの「若い選手の向上心、成長したいという気持ちは、チームに活力を与えてくれる」という言葉どおり、彼らはサンウルブズに刺激を与えたと言える。

 3人のなかで唯一、先発出場を果たしたのは、トンガ出身の天理大3年WTB(ウィング)シオサイア・フィフィタ。1月25日のプレマッチで4トライを挙げてハットトリックを達成し、指揮官やほかの選手たちが「貫禄がある」「大学生ということを忘れていた」と大絶賛した存在感を、この開幕戦でも見せた。