2020.02.16

齋藤直人がサンウルブズで初先発。
「うまくいかない」状況で輝きを見せた

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu
  • 井田新輔●写真 photo by Ida Shinsuke

 経験は宝だ。15日のスーパーラグビー(SR)。日本のサンウルブズはチーフス(ニュージーランド)に17-43で敗れ、開幕2連勝とはならなかった。だが、新星の早稲田大学4年、SH(スクラムハーフ)齋藤直人が光り輝いた。SR初先発の緊張を楽しむかのごとく。

早稲田大学卒業後の活躍も期待される齋藤直人「楽しかったです。負けましたけど、もっともっと試合に出たいなと思いました」

 試合後のミックスゾーン。齋藤は言葉に充実感を漂わせた。試合中に切ったのだろう、口の下に貼られた2枚のバンソウコウに血がにじんでいた。

「収穫は?」と聞かれると、「そーですね」とSHはつづけた。

「うまくいかない試合を経験できたことじゃないですか。ただ、このままで終わらせるんじゃなくて、こういう状況でも試合を組み立てたり、自分がいいプレーをするために周りとコミュニケーションをとったりしていきたい。次につなげないと意味はないですから」

 初戦では後半20分間、プレーした。その初戦で主力のSHルディー・ペイジがケガをしたため、齋藤にめぐってきた先発チャンスだった。自分に課したテーマが「アタックのコントロール」。