2019.09.19

田村優が4年の成長で得たこと
「試合の風景が遅く見えるようになった」

  • 松瀬 学●文 text Matsuse Manabu
  • 齋藤龍太郎●写真 photo by Saito Ryutaro

 いざ出陣である。ラグビーワールドカップ(RWC)日本大会が20日、開幕する。日本代表の目標は「ベスト8以上」。そのキーマンは、ずばり、SO(スタンドオフ)の田村優(キャノン)だ。重圧を感じながらも、司令塔は「大きな舞台を楽しみたい」と言い切った。

監督からの信頼も厚いスタンドオフの田村優

「やっぱりラグビーの本質は、しっかり準備して、プレッシャーを楽しんで、ギリギリのところを攻めていくこと。成功するか、失敗するかわからないですけど、思い切り、チャレンジしていきたい」

 才能は文句なし、だ。ディフェンスは課題だが、攻撃では天性のセンスを感じさせる。瞬時の判断力、相手のスキを見つける眼、臨機応変のパス、キック。中学校まではサッカーに没頭し、国学院栃木高校でラグビーを始めた。トヨタ自動車などの選手、監督だった父・誠さんの存在とは無関係ではなかろう。

『前へ』の精神を受け継ぐ明大からNECに進み、キャノンへ移籍した。モットーを問えば、田村は「明治なので”前へ”」と笑った。そのココロは。

「とりあえず、(カベを)ぶち破っていく感じですかね。全部、押しのけて」

 2012年4月に初めて日本代表に選ばれ、前回の2015年RWCに出場した。あの南アフリカ戦では終盤に交代出場したが、先発出場はスコットランド戦だけだった。あれから4年、司令塔としてチームをリードしてきた。テストマッチ(国別対抗戦)のキャップ(出場)数は「58」となった。

「常に苦労ばかりでした、日本ラグビーは」と、30歳は本音を漏らしたことがある。日本代表の重み、いわば責任感がのぞく。

「ファーストキャップから今まで、毎試合、その試合が最後になってもいいように準備してやってきました。そこ(重み)はずっと変わらないですね」

 このワールドカップは、田村にとって、代表歴8年間の総決算のような大舞台となる。

「4年前、いろんな人にサポートしてもらいながら、いい結果を出させてもらいました。で、次やるかどうか悩んだ時、またジェイミー(ジョセフ・ヘッドコーチ=HC)に呼んでもらって、やると決めたんです。責任感というか、8年間、ハイパフォーマンスをしていくのが自分のターゲットだったんです」