2019.09.19

松島幸太朗は南アより桜ジャージーを選んだ。
「日本への気持ちは大きい」

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 9月20日に行なわれる「日本代表vsロシア代表」の開幕戦から計44日間の日程で、いよいよラグビーワールドカップが始まる。日本代表は本番に向けて強化を図ってきたが、直前のテストマッチ4試合で4トライと好調を維持しているのが、右WTB(ウィング)のエース松島幸太朗(サントリー)だ。

ロシア戦に「14番」で先発するエース松島幸太朗 22歳で出場した前回大会は、WTBとして4試合すべてに出場。26歳となった今はアタックを担当するリーダーのひとりとして、指揮官ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)の信頼も厚い。彼を日本代表の中軸まで押し上げたのは、生まれ故郷の南アフリカで培われたチャレンジ精神だ。

 松島は決して、雄弁なタイプではない。ただ、ワールドカップに関して質問すると、リーダーとして自覚十分な言葉を発した。

「自国開催のプレッシャーをしっかり受け止めながら、そのなかで楽しめるような環境を作って、みんながリラックスできる試合運びをしていきたい。予選プールで全勝し、決勝トーナメントに進出したい」

 桐蔭学園高時代や所属するサントリーサンゴリアスでは、「15番」のFB(フルバック)の印象が強い。だが、日本代表を率いるジョセフHCは、「Xファクター(特殊能力)がある」と高く評価。6月の宮崎合宿から松島は、WTBとしてプレーしている時間が多くなった。

 当初は「FBでの出場を強くアピールしたい」と、愛着のある15番へのこだわりを公言していた。だが、リーダーグループのひとりでもある松島は、試合でWTBとしての仕事を全うした。「WTBなので、トライを取り切るフィニッシュにこだわりたい。ボールをもったら、ラインブレイクを狙いにいく」。その言葉どおり、今夏はトライを量産することに成功した。

 相手SH(スクラムハーフ)のライン際のキックに対応すべく、長身FBのウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)や山中亮平(神戸製鋼)はサイドライン際に立つ。そのため、守備時の松島は背番号こそWTBだがFBの位置に入り、相手のキックを受けてからのカウンターに備える。