2019.09.18

SO田村優と相性は良好。
SH茂野海人は強気を武器に這い上がってきた

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 ラグビーワールドカップ開幕まで、あとわずか。日本代表のSH(スクラムハーフ)茂野海人(トヨタ自動車)は本番を目前に控え、「9番は渡さない。誰にも負けたくないので強気にプレーしたい」と語る。

 現在28歳。SHとして円熟味を帯びてきた茂野は、今大会が初のワールドカップの舞台となる。

初のワールドカップに臨むスクラムハーフの茂野海人「素直にうれしい。ベスト8に入れるように、選ばれなかったメンバーの分まで、120%を出して毎試合勝ちたい。日本を背負うプレッシャーもあるが、その中で自分のパフォーマンスを出したい」

 今年2月から始まった日本代表候補の合宿に、茂野の姿はなかった。

 今年初めの時点でSHのポジションは、日本初スーパーラグビー選手の田中史朗(キヤノン)、リーダーシップに長けた流大(ながれ・ゆたか/サントリー)に続き、「3番目の男」を大勢で争っている状況だった。4年目を迎えていたサンウルブズに参加した茂野は、日本代表のアタッキングコーチを務めるトニー・ブラウンのもと、世界の強豪と戦って研鑽を積んだ。

 それが、実を結んだ。6月からの宮崎合宿では、常に「1番目の男」として先発組。そして、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)が就任して以来、初めて格上の相手に勝利した7月末のフィジー代表戦、さらには最後のテストマッチとなった9月6日の南アフリカ代表戦でも、茂野は「9番」で先発した。

 とくにフィジー代表戦での茂野は、出色の出来だった。試合後、ジョセフHCは「パスも速く、ラン、キック、パスの判断もすばらしい。スマートでエナジーもある」と手放しで称えた。

 現在の日本代表は、SO(スタンドオフ)田村優(キヤノン)が絶対的司令塔として君臨。茂野はNECグリーンロケッツ時代、田村と5年間ハーフ団を組んでいたこともあって、他の選手よりもコンビネーションで一日の長がある。

「(茂野)海人はNECから一緒にやっているので、たぶん、僕の声のトーンで何をやるかわかっている。いろんなことを説明しなくても理解している。(プレーしていて)一番安心しています」(田村)