2018.04.24

あのダン・カーターが伝授。
日本のラグビー人気を高めるシンプルな方法

  • 小川由紀子●文text by Ogawa Yukiko
  • photo by ZUMA Press/AFLO

世界最高のスタンドオフ、ダン・カーター インタビュー(後編)

 元オールブラックスの司令塔で、史上最高のスタンドオフとも評されるダン・カーターが、来季から神戸製鋼の一員としてトップリーグに参戦する。

正確無比なプレイスキックも、ダン・カーターの武器 前編では日本の印象や、そこでプレーすることを選んだ理由を話してくれた。後編では親しいリーチ マイケルのこと、日本ラグビーを発展させるための”秘策”も語ってくれた。

前編から読む>>

――(日本代表キャプテン)リーチ マイケル選手とは話をしましたか?

「いや、していないな。というかその人が誰なのか……ん、あれ? もしかしてマイケル・リーチのこと?

 あぁ、そうか、日本じゃそう呼ばれているんだね(笑)。うん、話したよ。彼と一緒に(公式スポンサーの)マスターカードのW杯向けのプロモーションに参加したんだ。マイケルと僕はアンバサダーを務めているからね。日本でしばらく彼と一緒に過ごした。彼は日本でのプレー経験も長いし、ニュージーランド(※2013年、2015~2017年、スーパーラグビーの強豪、チーフスに所属)でもプレーしていたからいろいろ話が弾んだよ。

 とくに来年のW杯はいかにエキサイティングかという話で盛り上がった。多くの日本の人たちが自国でのW杯を心待ちにしてくれているし、きっと素晴らしい大会になると思う。そんな環境の中でプレーできるなんて最高だと感じているよ」