2018.04.22

ラグビーW杯に向けて最高の教材。
日本を選んだダン・カーターを直撃

  • 小川由紀子●文・写真 text & photo by Ogawa Yukiko

世界最高のスタンドオフ、ダン・カーター インタビュー(前編)

 日本のラグビー界に来シーズン、とびきりのビッグスターがやってくる。

 現役プレーヤーで最高のスタンドオフ、元オールブラックスのダン・カーターが来季から神戸製鋼でプレーするのだ。

元オールブラックスのダン・カーター。現在はフランスリーグ、ラシン92でプレー 現在36歳のカーターは、これまでのキャリアでワールドラグビー年間最優秀選手賞を3度受賞、ニュージーランド代表でW杯2連覇(2011年、2015年 ※2011年大会は練習中のケガで本戦は欠場)、スーパーラグビー、トップ14など所属クラブでも多数のタイトルを獲得している。

 そして、スタンドオフとしてもっとも名誉な、テストマッチ個人通算ポイント数歴代最多記録(1598点)保持者でもある。2位はイングランドのレジェンド、ジョニー・ウィルキンソン(2014年現役引退)だが、その彼の得点数を350点以上も上回っているのだ。

 彼自身が「ラブリースポット」と呼ぶ、正確なキックを生み出すためのボール上のミートポイント、ギュッと眉を寄せてその一点を睨みつけてから、勢いよく左足を振り抜くお馴染みのキック。不可能と思われる角度や距離からでも、彼はしばしばキックを成功させてきた。2015年のW杯決勝戦、グングン追い上げてきたオーストラリアの勢いをばっさりと断ち切った、69分のあの華麗なドロップゴールを忘れられないファンも多いことだろう。

 しかし、彼のプレーの魅力は精度の高いキックだけではない。

 周囲の動きを的確に観察しつつ、巧みに相手をすり抜けるスピーディで力強いラン、勇猛果敢なタックル……彼のワンプレーから、常に攻撃が始まるのだ。