2017.10.03

ラグビー明治大、復活へ。
副将・梶村祐介を中心に「前へ」走り勝つ

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 10月1日、東京秩父宮ラグビー場で関東大学ラグビー対抗戦「明治大vs.筑波大」が行なわれた。初戦で青山学院大に108-7と大勝した「紫紺のジャージー」明治大は、この試合でも持ち前の攻撃力を発揮。合計10トライを重ねて68-28で勝利を収めた。

明治大の復活にCTB梶村祐介(中央)の存在は欠かせない 前半は互いに3トライを挙げて、21-21の同点で折り返した。しかし、後半は明治大が圧倒。その攻撃を牽引したのは、副キャプテンの梶村祐介(4年)だ。身長180cm・体重95kgの体躯を誇る「12番」は、持ち前のランやパスでインサイドCTB(センター)の位置から冷静に攻撃をリードした。

 ライバルの筑波大から10トライも奪えた理由について、梶村は「前半(明治大の)強みであるFWで我慢できて、後半は相手が疲れたなかでスペースを見つけてボールを運ぶラグビーができた」と分析する。ただ、自身の調子については「あまりよくなかったですが……」と控え目だ。

 しかしながら、明治大を率いて5年目となる丹羽政彦監督は「今シーズンが一番いいんじゃないですかね」と梶村を評する。「リーダーとなるといろんなことを考えないといけないが、自分でボールキャリアをしたり、パスを出したり、それらを意図的にやっていました。高校時代にあれだけ注目されていて、同期のFB(フルバック)野口竜司(東海大4年)が日本代表になったのも意識していると思う」と語り、教え子の成長ぶりに目を細めた。