2017.08.29

韓国出身の巨漢プロップ・具智元は
ラグビー日本代表の秘密兵器となるか

  • 向風見也●文 text by Mukai Fumiya
  • 井田新輔●写真 photo by Ida Shinsuke

 穏やかな目つきと、184センチ、122キロの筋骨隆々のいかついボディとのギャップが印象的な韓国出身の具智元(グ・ジウォン)は、日本ラグビー界のホープのひとりである。先月20日に23歳になったばかり。昨季からサンウルブズに入り、国際リーグのスーパーラグビーに挑んでいた。目下、韓国人唯一のスーパーラグビープレーヤーである。

 背負っているのは、ラグビーが盛んな日本で高みを目指してほしいという家族の思い。目指すのは、2019年のワールドカップ(W杯)日本大会に日本代表として出場することだ。

「韓国の友だちからも『頑張ってね』と言われます。今後も日本でプレーしたいという気持ちです」

7月15日のスーパーラグビー最終節で初スタメンを果たしたサンウルブズの具智元 かつて日本の本田技研鈴鹿のラグビー部に在籍した元韓国代表の具東春(グ・ドンチュン)を父に持ち、小学6年のときに兄の具智允(グ・ジユン)とともにニュージーランドのウェリントンへ留学。その後、大分県内の公立中学校に編入し、日本文理大付属高校に進学。全国大会と無縁ながら高校日本代表に選ばれた。拓殖大学に進んでからも、20歳以下日本代表の一員として世界と戦った。

 ポジションは右プロップ。8対8で組み合うスクラムでは、最前列右に入って相手選手の重圧を受け止める。強靭な体が求められるポジションだ。

 父も現役時代は、韓国を代表する左プロップの選手だった。具がソウル郊外の実家に帰省してきたときは猛特訓を課し、日本での試合を見れば、その日のうちにアドバイスを送った。