2017.09.01

まさかの「世界ベスト15人」入り。
女子高生ラガー、津久井萌とは何者か

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 17歳の女子高生が、なんと世界の舞台で「ベスト15」に選ばれるという快挙を成し遂げた。

 8月9日から26日までアイルランドで開催された第8回女子ラグビーワールドカップに、「サクラフィフティーン」こと15人制の女子日本代表は15年ぶり4度目の出場を果たした。しかしながら、予選プールではフランス、アイルランド、オーストラリアにいずれも敗戦。さらに順位決定戦でもイタリアに敗れたが、最終戦で香港からW杯通算3勝目となる白星を挙げて11位で大会を終えた。

女子ラグビーW杯で「ベスト15」に選ばれた17歳の津久井萌 そのサクラフィフティーンで「9番」を背負って5試合すべてに先発し、日本の高速アタックを一手に担っていたのが、高校生で唯一のW杯出場となったSH(スクラムハーフ)津久井萌(東京農大二高3年)だ。2000年3月生まれの17歳での出場は、日本だけでなく出場した全12チームのなかでも最年少。また152cmの身長も、W杯に出場した選手のなかでもっとも小柄だった。

 津久井が憧れる選手は、男子日本代表のSH田中史朗(パナソニック)。その彼を彷彿とさせる俊敏なプレーが持ち味で、パスさばきも速くて正確だ。しかも、身体の大きな海外選手にも「得意というか好きです!」という低いタックルを武器とし、W杯でも果敢に繰り返していた。

 そして大会終了後に「ドリームチーム」が発表されると、SHのポジションには「M.TSUKUI」の名前が記されていた。つまり、その高いパフォーマンスが評価されて、今大会の「ベスト15」に選出されたのだ。これは、2015年の男子W杯終了後にFB(フルバック)五郎丸歩(ヤマハ発動機)が選出されたドリームチームと同様のものであり、ポジション別の最優秀選手賞と言ってもいいだろう。