2016.01.14

【ラグビー】トップリーグ4強決定。五郎丸ヤマハ、初戴冠はあるか

  • 斉藤健仁●文・写真 text & photo by Saito Kenji

 ワールドカップの勢いは、まだ止まらない。高校、大学の決勝戦が終わり、いよいよ最高峰のトップリーグにおいても、年始から1~8位順位決定トーナメント「LIXIL CUP 2016」が始まり、ベスト4が出揃った。

 1月9日(土)に1回戦が行なわれて、格上チームが順当に実力を発揮し、16日(土)の準決勝の組み合わせは下記の通りとなった。

 ヤマハ発動機(グループB1位)vs東芝(グループA2位)@花園ラグビー場
 パナソニック(グループA1位)vs神戸製鋼(グループB2位)@秩父宮ラグビー場

 まず、すっかり『日本ラグビー界の顔』になった日本代表の不動のフルバック(FB)五郎丸歩が在籍するヤマハ発動機ジュビロは、リーグ戦で神戸製鋼に敗戦したもののグループB首位で「LIXIL CUP 2016」に進出した。

今シーズン好調を維持するヤマハ発動機・五郎丸歩

 「昨年度の日本選手権の優勝が大きかった」と五郎丸が言うとおり、昨年度、初のタイトルを奪取したヤマハ発動機のチーム力は増し、自信がみなぎっている。就任5年目を迎える清宮克幸監督の手腕もあり、昨シーズンは惜しくも準優勝だったトップリーグにおいて、初優勝に向けて邁進(まいしん)し、当然ながらチームの目標はトップリーグと日本選手権の「2冠」を掲げている。

 優勝へのカギを清宮監督はこう語っていた。

「FWの勝敗でしょうね。スクラム、ラインアウト、モール、ディフェンスでどれだけヤマハ発動機のFWが力を発揮できるかどうか」