2015.09.18

【ラグビーW杯】予選プール最大の注目は「死のA組」だ!

  • 斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji  photo by AFLO

ラグビーワールドカップ2015観戦ガイド(5)

 9月18日のイングランド代表対フィジー代表戦で幕を開ける「ラグビーワールドカップ(W杯)2015」。このカードを皮切りに、ラグビー発祥の地で計48試合が行なわれる。開催国のイングランド代表は、今大会の優勝候補のひとつ。しかし、彼らが予選プールで消えてしまう可能性も十分にあるのだ。

イングランド代表で中軸を担うSOジョージ・フォード 2003年にW杯を制したこともあるイングランド代表が、まさかそんなはずは……と思う人もいるかもしれない。しかし、彼らが振り分けられた今大会の予選プールにおいて、イングランド代表は必ずしも絶対的な存在ではない。そう、実はイングランド代表が入った予選プールAは、いわゆる「死の組」なのである。

 予選プールAの他の4チームは、過去2度のW杯優勝を誇るオーストラリア代表(世界ランキング2位)、前回大会ベスト4で「欧州6ヶ国対抗」のライバルであるウェールズ代表(同5位)、「7人制王国」として名を馳せるフィジー代表(同9位)、そして最終予選で出場を決めたウルグアイ代表(同19位)だ。世界ランキング6位のイングランド代表を含めた5チーム中、4チームが世界ランクひとケタ台……。熾烈な戦いになることは、想像に難くない。

 W杯の各予選プールからは、上位2チームが決勝トーナメントに進出できる。つまり、残念ながら、イングランド代表、オーストラリア代表、ウェールズ代表の強豪3ヶ国のうち、必ず1チームは予選敗退となるのだ。開催国のイングランド代表が3位になることは、地元ファンにとってまさに「死」を意味する。