2015.01.06

リーチ マイケルが語る。「ジャパンが目指すラグビーは精密機械」

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu
  • 高見博樹(T&t)●写真 photo by Takami Hiroki(T&t)

ジャパン主将リーチ マイケル W杯イヤーインタビュー(前編)

 勝負の年が明けた。

 リーチ マイケル(※)。躍進する日本ラグビーの「宝」にして、日本代表をリードするキャプテンである。ポジションがフランカー。無精ひげが覆う「優しい鬼」のような風貌と、ほれぼれする身体能力を生かし、チームの突破役を担う。
※リーチ マイケル 1988年生まれ。15歳のとき、留学生として来日し、札幌山の手高校に入学。卒業後は、東海大学に進学。2008年、日本代表として初キャップ。大学卒業後は、東芝ブレイブルーパスに所属。2011年開催のワールドカップの日本代表にも選出され、予選4試合すべてに先発出場した。ポジションはフランカー

 ニュージーランドで生まれ、2年前、帰化した。日本人の妻との間に1女。性格は誠実、朴訥(ぼくとつ)、実直......。言葉には魂が宿る。

ジャパンでキャプテンを務めるリーチ マイケル。 W杯イヤーを迎え、人一倍闘志を燃やしている

 今年1年を漢字一文字で表すとすればと問えば、リーチは思案した後、こうボソッと漏らした。

「タタカウ」。戦争の「戦う」ではなく、闘志の「闘う」である。『闘』。なぜ?

「今年は忙しい。(トップリーグの)東芝で2つのタイトルをとって、スーパーラグビーにチャレンジして、ワールドカップに臨みます。僕は必死に闘う。外からも、ファイトしている姿を見てほしい。ファイトする姿を見せたら、結果は100%付いてくる。ファイトしないと、僕は恥ずかしい」