2015.01.07

リーチ マイケルが誓う!「W杯の目標は、3勝してベスト8」

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu
  • 高見博樹(T&t)●写真 photo by Takami Hiroki(T&t)

ジャパン主将リーチ マイケル W杯イヤーインタビュー(後編)

 躍進の日本代表を引っ張るのが、26歳のリーチ マイケル(※)である。
※リーチ マイケル 1988年生まれ。15歳のとき、留学生として来日し、札幌山の手高校に入学。卒業後は、東海大学に進学。2008年、日本代表として初キャップ。大学卒業後は、東芝ブレイブルーパスに所属。2011年開催のワールドカップの日本代表にも選出され、予選4試合すべてに先発出場した。ポジションはフランカー(前回の記事はこちら)

W杯への思いを語ってくれたジャパンの キャプテン、リーチ マイケル

 ラグビーでは、主将を船長(スキッパー)と形容する時がある。エディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)の下、マイケルはジャパンをどこに連れて行こうとしているのか。

 勝負のW杯は、今年9月から10月、英国で行なわれる。新年の世界ランキング11位に位置する日本が1次リーグで対戦する相手は、南アフリカ(同2位)、スコットランド(同8位)、サモア(同10位)、米国(同16位)。どこも強敵ばかりである。

 目標を問えば、リーチの目に覇気が浮かんだ。「W杯で3勝して、準々決勝にいくことです」と言い切った。

「キャプテンになってから、ワールドカップの準備など、エディーと話しています。本当に勝ちたい。ベスト8に行きたい。だから、どの試合もベストメンバーを出してほしい。ジャパンは全部、勝ちにいく」