なぜサンズは渡邊雄太を獲得した? GMが語る成績だけではない評価とは

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke

 今オフ、フェニックス・サンズと2年500万ドル(約7億2000万円)の新契約を結んだ渡邊雄太は、優勝候補チームの一員としてNBAでの6年目をスタートさせる。

 昨季にブルックリン・ネッツのシューターとして開花した渡邊は、今夏、日本代表の攻守の要としてW杯でも大活躍。その勢いのまま迎える2023-24シーズンに、ケビン・デュラント、デビン・ブッカー、ブラッドリー・ビールという"スタートリオ"を抱えるチームにどんな形で貢献するかが楽しみだ。

サンズに移籍した渡邊雄太 photo by Getty Imagesサンズに移籍した渡邊雄太 photo by Getty Imagesこの記事に関連する写真を見る 渡邊の獲得に尽力したと伝えられているのが、サンズのジェームズ・ジョーンズ運営部代表兼GMだ。

 ジョーンズは現役時代、ドラフト2巡目指名でのNBAに入りながら長いキャリアを過ごし、2011年にはオールスターの3ポイントコンテストで優勝。レブロン・ジェームズと固い絆を築いたことでも知られ、2012、13年にはマイアミ・ヒートで、2016年にはクリーブランド・キャバリアーズでレブロンとともにファイナル制覇を飾った。

引退後にサンズのフロントに入ると、GMとしてもすぐに力を発揮し、2021年に最優秀エグゼクティブ賞を受賞。チームを優勝が狙える位置まで押し上げた功績が認められ、昨秋には運営部代表に昇格した。

 それほど敏腕な男は、いったい何を期待して渡邊との契約を望んだのか。デュラントとのケミストリーをどう見ているのか。43歳にしてトップエグゼクティブとしての地位を築いたジョーンズの熱い言葉からは、10月13日に29歳になったばかりの日本人サウスポーに対する期待感が伝わってきた。

***

 実は、私たちは2018年のドラフト以前から雄太に興味を持っていました。同年のドラフト前、ワークアウトに雄太を招待し、そこで披露された彼のスキルセットに好印象を抱いたのです。

 当時のサンズは、まだ勝ちにいくためのチームを作っている最中だったこともあり、さまざまな事情から獲得には至りませんでした。しかし、それから時は流れ、私たちは今やファイナル進出を目指すコンテンダー(プレーオフ進出を狙える戦力が揃ったチーム)です。

1 / 3

プロフィール

  • 杉浦大介

    杉浦大介 (すぎうら・だいすけ)

    すぎうら・だいすけ 東京都生まれ。高校球児からアマチュアボクサーを経て大学卒業と同時に渡米。ニューヨークでフリーライターになる。現在はNBA、MLB、NFL、ボクシングなどを中心に精力的に取材活動を行なう

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る