2022.02.24

八村塁の弱点だった3Pシュートが劇的に進歩。2歳年上の先輩のアドバイスは「考えるのをやめてアグレッシブに」

  • 宮地陽子●取材・文 text by Miyaji Yoko
  • photo by AFLO

 八村塁(ワシントン・ウィザーズ)はトップから打った3ポイントシュートがネットに吸い込まれるのを確認すると、舌を大きくペロリと出し、両手を叩いて喜びを表現した。

 2月17日(現地時間)のブルックリン・ネッツ戦、試合終盤でのこと。個人的な理由でシーズン前半を欠場した八村にとって復帰18試合目となるこの試合で、今季初めて競った試合の第4クォーターにフル出場した。

 そして、第4クォーターだけで7本中6本のフィールドゴールを成功させて13得点。試合を通してチーム最多の20得点をあげる活躍で、ウィザーズの勝利に貢献した。試合後に舌を出した場面について聞かれると、「楽しんでできました」と笑顔を見せた。

3Pシュートを決めたあと、舌を出して喜ぶ八村塁3Pシュートを決めたあと、舌を出して喜ぶ八村塁 この記事に関連する写真を見る  ウィザーズは今シーズンからヘッドコーチ(HC)が新しくなり、オフシーズンのトレードなどで新しい選手たちも加わった。

 シーズン途中から合流した八村にとって、ここまでは自分のリズムを取り戻すとともに、チームの新しいシステムに慣れて、新しいチームメイトとのケミストリーを築くことを優先していた。新HCのウェス・アンセルド・ジュニアも、いきなり八村に過度な期待をすることなく、少しずつチームに馴染めるように控えから起用し、出場時間も徐々に増やしていた。

 八村が少しずつ調子をあげていく一方で、チームではシーズンに影響を与える出来事がふたつあった。

 ひとつはチームのエース、ブラッドリー・ビールが1月末に手首の故障を負い、今レギュラーシーズン残り全試合を欠場となったこと。さらに2月10日には、チームメイトのうちベテラン4選手がトレードになったことだ。

 実は、トレード前のウィザーズはローテーション入りするレベルの選手の数が過剰気味で、出場時間を分け合わなくてはいけないなか、個々の選手にとってもチームとしてもリズムを作りづらい状態だった。欠場者が多かったシーズン序盤はまだしも、昨シーズンのスターターだった八村やトーマス・ブライアントが戻ってきたことで、チームのバランスが崩れていたのだ。