2022.02.18

河村勇輝、3度目のBリーグ挑戦でプレースタイルに変化。アシスト倍増、3Pが減った理由を聞いてみた

  • 永塚和志●取材・文 text by Kaz Nagatsuka
  • photo by Nikkan sports/AFLO

河村勇輝インタビュー@前編

 20歳になった河村勇輝が、横浜ビー・コルセアーズの一員として再びBリーグのコートに戻ってきた。昨シーズンは16試合の出場ながら随所で光るプレーを見せ、新人賞ベストファイブにも選出。次世代を代表する若手プレーヤーの筆頭として、あらためて存在感を示した。

 そしてこの1年で、河村はさらに精悍な顔つきになった。坊主頭の時期を終えて髪の伸びたスターポイントガードは、ひとりのバスケットボール選手として"現在地"をどう見ているのか。

1月のBリーグ月間MVPに選出された河村勇輝1月のBリーグ月間MVPに選出された河村勇輝 この記事に関連する写真を見る ---- 昨年末に特別指定選手として、今季も横浜ビー・コルセアーズへ加入となりました。しかし、加入早々に新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大で試合が中止となるなど、練習もままならない状況だったと思います。ストレスは感じていませんか?

「そうですね。でも、練習ができない期間などを経て、あらためて『バスケットができる環境は当たり前じゃないんだ』というふうに感じました。『自分はやっぱりバスケットが好きなんだな』と感じる期間にもなったので、今プレーができていることはすばらしいことだと思っています。

 もし試合ができたとしても、相手選手との接触もありますし、自分たちのチームから出る可能性もあるので。毎日、怖いという気持ちはありますが、感染対策を怠らずにやっている感じです」

---- 温泉が大好きだと以前から言っていますが、最近行く余裕は?

「いや、ないです。コロナ、めちゃくちゃ怖くて。Bコル(ビー・コルセアーズの略。以下同)もコロナで10日間練習ができなかったこともあったので、絶対にコロナにはかからないように、チームとしても感染対策をしっかりやっていきたいなと思っています。なので温泉は、今はちょっと我慢ですね」

---- 特別指定選手3年目ですが、今季ここまで平均22分の出場で得点(平均11.5)やアシスト(平均6.2)など、昨季から数字を大幅に伸ばしています。アシスト数は前の2年と比べてほぼ倍増です。一方で、2Pシュートが増えて3Pの試投数は減っています。こうした数字をどう見ていますか。