2022.02.02

レブロン、デービスがよくても「リーグ最大の期待外れ」。レイカーズ低迷の要因はどこにあるのか

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by AP Photo/Alex Gallardo

 1月25日(現地時間。以下同)、ブルックリンで行なわれたネッツ戦でのロサンゼルス・レイカーズのプレーを見たファンは、今後の逆襲を予感したかもしれない。

 昨年12月中旬に左膝を捻挫し、17戦を欠場したアンソニー・デービスがこの日、久々に復帰した。レブロン・ジェームズ、ラッセル・ウェストブルック、デービスというレイカーズの"ビッグ3"が久々に顔を揃えたのだ。

レイカーズの「ビッグ3」(左から)デービス、レブロン、ウェストブルックレイカーズの「ビッグ3」(左から)デービス、レブロン、ウェストブルック この記事に関連する写真を見る  試合は、レブロンのロブパスをデービスがアリウープで押し込む鮮やかなプレーからスタート。その後も、33得点を挙げたレブロン、15得点で援護したウェストブルックらの働きでレイカーズが常に試合を優位に進めていく。敵地にも数多く集まったレイカーズファンの前で、106-96で圧勝してみせた。

「(デービスに)何ができるか、みんなすぐにわかったはずだ。試合開始直後、少し遅めのタイミングでロブパスを出したが、彼はダンクで決めてくれた。戻ってきてくれたことにエキサイトしているよ」

 試合後にレブロンも上機嫌でそう述べ、スーパースター軍団はついに上昇気流に乗っていくかと思えた。

 しかし――。結局のところ、2021-22シーズンのレイカーズの迷走はまだまだ続きそうな気配だ。

 ようやくビッグ3体制に戻ったかと思った矢先、今度は左膝の痛みを訴えたレブロンが1月27~30日の3試合を欠場。その3試合は全敗し、19年目を迎えたレブロンの健康状態にも不安の声が上がる結果となっている。

 レイカーズは30日のアトランタ・ホークス戦を終えた時点で24勝27敗と負け越し、ウェスタン・カンファレンスの15チーム中9位。もうシーズンの折り返し地点を過ぎたのだから、こう言い切ってしまっていいだろう。レイカーズは「リーグ最大の期待外れチーム」だと。

 これほどまでの苦戦は"サプライズ"だとしても、今季のレイカーズが少なからず苦しむことは、ある程度予想できたことではあった。オフの間から進めてきたチーム作りは、疑問が残るものだったからだ。