2021.12.18

渡邊雄太、ラプターズ2季目は右肩上がり。「役割からはみ出るプレー」も躊躇なくチョイス

  • 宮地陽子●取材・文 text by Miyaji Yoko
  • photo by AFLO

 現地12月13日、トロント・ラプターズvs.サクラメント・キングスの試合終盤、SF渡邊雄太はスコアボードを見上げた。渡邊ら控え陣の活躍もあって、ラプターズはすでに20点以上の点差をつけてリードしていた。と、自分のリバウンド数が9本であることに気づいた。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 シュートが好調で、3ポイントやレイアップを決めていたので、得点はすでに12点取っている。リバウンドをあと1本取れば、昨シーズンは何度か取り逃していたダブルダブル(ふたつのスタッツでふたケタを記録すること)を達成できる。

キャリア初のダブルダブルを達成した渡邊雄太キャリア初のダブルダブルを達成した渡邊雄太 この記事に関連する写真を見る 「あとリバウンド1本だと気づいて、取りに行きました」

 試合後、渡邊はそう明かしている。

 この日の渡邊は、久しぶりに20分を超えるプレータイムを得ていた。コートに立っている間は休むことなく全力で動き回り、得点とリバウンドだけでなく、ディフェンスも奮闘。体力には自信があったが、それでも第4クォーター終盤には身体は疲れ果てていた。

 そんななかで、最後の力を振り絞ってリバウンドを取りに行った。残り4分10秒、キングスのPFチメジー・メトゥのジャンプシュートが外れたのを見ると、ボールに向かって跳び、10本目のリバウンドを確保した(※)。

(※試合後、リーグ本部によるスタッツの確認で前半のリバウンドが1本増え、実際にはこのリバウンドは11本目だったのだが、この時点ではそのことはわかっていなかった)

 普段から「スタッツに対するこだわりはない」と公言している渡邊だが、この時は珍しく狙いに行った。それは、ダブルダブルという結果を残すことが、自分の成長の足跡を残すことでもあったからだ。

「NBAのレベルでダブルダブルをするってそんなに簡単なことじゃないですし、去年も何回かチャンスはあったなかで、なかなか達成できていなかったことなので。今日はリバウンドもアグレッシブに取れたと思いますし、シュートの確率も悪くなかったんで、そういった意味ではダブルダブルは本当にうれしいな、というふうに思っています」と笑顔を見せた。