2021.03.09

近くなったNBA。田臥勇太に「生まれるのが早かった?」と聞いてみた

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by Getty Images

田臥勇太(宇都宮ブレックス)インタビュー@後編

1980年10月5日生まれ、神奈川県横浜市出身。バスケットボールの名門高校・秋田県立能代工業に入学し、3年連続でインターハイ・国体・ウィンターカップの3大タイトルを制して史上初の「9冠」を達成。2004年、フェニックス・サンズと契約し、日本人初のNBAプレーヤーとなる。2008年より宇都宮ブレックスでプレー。ポジション=ポイントガード。173cm、75kg。

「田臥勇太インタビュー@前編」はこちら>>

田臥勇太はバスケットボールを心から楽しんでいるようだ田臥勇太はバスケットボールを心から楽しんでいるようだ  40歳になった今季の田臥勇太は、多くの時間をベンチで過ごす。

 しかし、コートに立つ時はもちろん、ベンチからチームメイトを鼓舞し、時に叱咤する姿は、バスケットボールを心から楽しんでいるように見える。

「ケガから復帰できたこと、さらにコロナ禍という状況。バスケットができることのありがたみを、バスケット人生でこんなに感じたことないくらい、あらためて感じています。

 だから、ベンチにいても楽しいですし、出場時間は限られていますが、限られた時間でチームに貢献するという新たなチャレンジを楽しんでいますね。ベンチから試合を見ているから気づく部分もある。年齢を重ね、役割は変わってくるのは当然で、ベンチにいることも勉強になっています」

 かなり昔、田臥に「ナイパスとはどんなパスか?」と聞いたことがある。相手の裏をかいたトリッキーなパスで会場を沸かす男の答えは「受け手が取りやすいパス」だった。

 年齢によって、田臥の役割は変わった。だが、チームを勝利に導きたいという情熱は、今もなんら変わってはいない。ハイライトフィルムに使われるプレーのためではない、田臥はチームの勝利のためにプレーしている......。そんなことを伝えると、田臥は笑った。

「ただやっぱり、自分の出場時間中に点数が入らないと『チクショウ!』って思いますよ(笑)。でも、どんなプレーだろうと、チームの勝利に貢献できれば最高です。