2021.02.22

八村塁が成長したポイントを番記者が語る「チームの未来を担う選手」

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by USA TODAY Sports/Reuters/AFLO

 ワシントン・ウィザーズの八村塁にとって、NBAでの2年目は波乱のシーズンになっている。

 これまで20戦にスタメン出場(現地時間2月20時点)し、平均29.6分で13.4得点(FG成功率45.2%、3P成功率28.8%、FT成功率79.3%)、5.5リバウンド、1.9アシストをマーク。結膜炎で開幕に間に合わず、リーグの安全衛生プロトコルで一時離脱を余儀なくされたものの、ここまでは昨季とほぼ同等の数字を残している。

 離脱者が大量発生し、シーズン中断を味わったチームは最初の15戦で12敗と"どん底"のスタートだったものの、2月20日まで4連勝と上昇気配。このようにアップダウンが激しかった八村の前半戦を、現地メディアはどう見ているのか。昨季途中に『ワシントン・ポスト』のウィザーズ番記者になった女性ライター、エバ・ウォーレス氏に意見を求めると、今季と今後への期待を次のように話した。

***

NBA2年目で着実な成長を感じさせるウィザーズの八村 今季の塁は、結膜炎、リーグが定める安全衛生プロトコルで戦線を離脱する不運も経験しましたが、1月29日に復帰して以降のプレーを私は高く評価しています。

 最もよくなった点を挙げるとすれば、やはりディフェンス面でしょう。スコット・ブルックスヘッドコーチ(HC)もその点について言及していましたが、塁本人は、「リーグ内の選手たちと対戦を重ねたことで、プレーの傾向などがわかってきたことが大きい」と話していました。まだコート上でやるべきことをすべて把握しているとは言えませんが、躊躇せずにプレーできるようになっていると思います。

 ディフェンスでも圧倒されることなくプレーできるという自信が、大きな違いを生み出していますね。練習中もよく声を出すようになったという話からもそれを感じます。