2020.02.09

「高校生がここまでやるか」の衝撃。
河村勇輝に進学よりプロを勧める声

  • 永塚和志●取材・文 text by Kaz Nagatsuka
  • photo by Nikkan sports/AFLO

 1月下旬、18歳の河村勇輝が突如、Bリーグの三遠ネオフェニックスに特別指定選手として入団することが決まった。

 河村は「高校バスケットボールの甲子園」ウィンターカップで、福岡第一を全国制覇に2年連続導いた身長172cmのナンバー1ガード。卒業後は東海大への進学も決まっている。それまでの異例ともいえる「期間限定」となるが、いずれにしてもこれほど早くプロのコートに立つ日が来るとは驚かされた。

三遠ネオフェニックスからBリーグデビューした河村勇輝 Bリーグデビューは、1月25日からの強豪・千葉ジェッツふなばしとの2連戦。1戦目は8得点、2戦目は全体トップの21得点を挙げ、さらには3日後の新潟アルビレックスBB戦では先発に名を連ね、24得点をマークした。

 高校生がここまで、できるものなのか——。

 チームメイトや対戦相手、スタッフらが驚きに近いトーンで彼について、こう語る。そんななか一番、地に足がついているのは、河村本人だったように思えた。

「デビュー戦という、すごく自分としても大事な試合で、入りから緊張はあまりなくて、スッと入ることができました」