2020.01.25

不調のネッツに「アービング不要論」。
エースの発言が批判を集める

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Getty Images

 昨オフにケビン・デュラント、カイリー・アービングを獲得した時点で、ブルックリン・ネッツはNBAイースタン・カンファレンス屈指の話題チームになった。

 この2人が揃えば、本拠地をブルックリンに移転した2012年以降初となるファイナル制覇も狙える。昨季のファイナル中に右足アキレス腱を断裂したデュラントは全休が確実だが、勝負の来季以降も睨み、ネッツを包むポジティブな空気は薄れないと思えた。

 しかし……。2019-2020シーズンのネッツは予想外の苦戦を続けている。新エースのアービングが右肩のケガで26試合を欠場したことも響き、1月24日時点で18勝25敗の8位。昨季に4年ぶりのプレーオフ進出を果たし、さらなる補強を施して臨んだことを考えれば、今季は「期待外れ」と言われても仕方がない。

ネッツの新エースとして期待されていたアービングだが...... そんな中、1月15日のフィラデルフィア・76ers戦に106-117で敗れたあと、アービングが残したコメントが物議を醸すことになった。

「ネッツにはとてもいい選手が揃っている。ただ、僕やKD(デュラント)、DJ(ディアンドレ・ジョーダン)、GT(ギャレット・テンプル)、スペンス(スペンサー・ディンウィディー)、キャリス(キャリス・ルバート)を補完するためのピースがもうひとつ、2つ足りないのは明らかだ」

 復帰後5戦のアービングは平均20.8得点、5.6アシストと好成績は残しているものの、なかなかチームの勝ち星につながっていない。そんな苦境下で、フラストレーションを隠しきれなかったのだろう。

 ただ、たとえそうだとしても、エースが「今のメンバーでは十分ではない」と公言するのはいかがなものか。また、アービングが言及した主力選手の中に、昨季のプレーオフ進出の原動力となったジョー・ハリス、ジャレット・アレンが含まれていなかったことから、余計に批判を集めることになった。

 2011年のドラフト1巡目全体1位でNBA入りしたアービングが、特別な才能に恵まれたPG(ポイントガード)であることに異論がある者はいないだろう。ゴール周辺でのフィニッシュのうまさはリーグ最高級。27歳にしてオールスターに6度選出され、NBAと五輪の両方で優勝経験があり、年齢的にも”全盛期”にあると言っていい。

 ただ、アービングは稀有な得点力を持った選手ではあるが、チームメイトを巻き込むのがうまいフロアリーダーではない。周囲を逆撫でするような不用意なコメントも今回が初めてではない。そんなコート内外の不安定さゆえか、セルティックスの看板選手だった昨季は、ジェイソン・テイタム、ジェイレン・ブラウン、テリー・ロジエーといった若手選手たちと不仲だったと伝えられている。