2016.07.06

NBA今季の珍事。
なぜスリーポイントがこんなにも入るのか

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro  photo by AFLO

NBA10大「B級」ニュース@前編

 2015−2016シーズンのNBAは、クリーブランド・キャバリアーズの優勝で幕を閉じた。地元に初の栄冠をもたらしたレブロン・ジェームズの鬼気迫るプレーは、後世に語り継がれることだろう。シーズンを振り返れば、さまざまな出来事があった。そこで今回は王道のトピックではなく、NBAを盛り上げてくれた「B級」な話題にスポットを当てたい。

今年のファイナルでもスリーポイントシュートが勝負の行方を左右した(1)史上最悪の28連敗。苛立ちも絶頂の76ers

 シーズンスタートから連勝街道をひた走り、「開幕24連勝」のリーグ記録を樹立したゴールデンステート・ウォリアーズ。それとは対照的に、真逆の方向に激走したのが、フィラデルフィア・76ersだった。

 開幕戦を落とすと、以降は負けも負けたり18連敗。開幕からの連敗ワーストNBA記録に並んだだけでなく、前シーズンを10連敗で終えていたために「トータル28連敗」となり、北米4大プロスポーツにおける「史上最長連敗新記録」まで樹立してしまった。ちなみにこれまでの最長連敗記録は、NFLのタンパベイ・バッカニアーズが1976年から1977年にかけて記録した26連敗。

 そんな折、苛立つ76ersファンよりも先に、ルーキーのジャーリール・オカフォー(C)がブチ切れてしまった。11月25日、ボストン・セルティックスに敗れて開幕16連敗となった夜、オカフォーはチームメイトとボストン市内のバーに繰り出した。その際、居合わせた客に「おまえらは負け犬だ。永遠に勝てない!」と罵られたことに怒り、周囲の制止を振り切って相手をブッ飛ばしてしまったのである。結果、オカフォーは2試合の出場停止処分をリーグから言い渡されることになった。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。