2016.07.07

ナイキがジョーダンを超える
「生涯契約」をレブロンと結んだ裏事情

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by AFLO

NBA10大「B級」ニュース@後編

 歴史に残るファイナルで幕を降ろした2015-2016シーズン。NBAファンの間で話題となった小ネタを掘り返してみた。今シーズン、気になったニュースはどれ?

NBA10大「B級」ニュース@前編はこちら>>>

レブロン・ジェームズはナイキのTシャツを着て優勝パレードに参加

(6)自宅に監禁してまで残したかったビッグマンとは?

 おそらくこの「監禁騒動」がなければ、今季の勢力図は大きく違っていたはずだ。

  昨夏、ダラス・マーベリックスはFAの目玉だったロサンゼルス・クリッパーズのリバウンド王、デアンドレ・ジョーダン(C)を熱心に勧誘した。オーナーの マーク・キューバンとリック・カーライル・ヘッドコーチ(HC)はジョーダンと食事しながら説得に当たり、エースのダーク・ノビツキー(PF)も休暇を切 り上げて交渉の場に出席。その甲斐あって、ジョーダンはマブスとの契約を口頭で約束したという。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

  しかし、FAの正式契約が解禁となる7月9日の前日、クリッパーズのスティーブ・バルマー・オーナーとドック・リバースHC、クリス・ポール(PG)、ブ レイク・グリフィン(PF)、ポール・ピアース(SF)らが総出でヒューストンにあるジョーダンの自宅を訪ね、再契約の説得に当たったのだ。このとき、玄 関のドアをイスでブロックし、ジョーダンを監禁しているように見える写真を、グリフィンがツイッターに投稿。グリフィンのツイッターは、「人質にするのは やめろ!」「警察に通報するぞ!」などのツイートで荒れに荒れた。