2013.11.10

【女子バスケ】アジア制覇の要因と未来に向けた3つのキーワード

  • 小永吉陽子●文・写真 text&photo by Konagayoshi Yoko

 43年ぶりのアジア選手権優勝。しかも7戦全勝でのアジア制覇は初の快挙だ。しかし地上波での放映はなく、決勝と準決勝にいたっては生中継もなかったため、今回の優勝を目にできなかったファンもたくさんいた。そしてこの結果に「なぜ優勝できたの?」と疑問に思った人もいるはず。日本の女子バスケはそれだけ長い間、国際大会ではあと一歩のところで涙を飲んできた。

ゲガ人のいない万全な状態で臨み、見事アジアチャンピオンを勝ち取った日本女子バスケ しかし、日本は昨年のロンドン五輪最終予選であと一勝のところで敗れた、いわば世界で13番目のチーム(五輪出場枠は12カ国)。今年になって急に強くなったわけではないのだ。

 アジアでライバルとされる中国は世代交代の最中にあり、韓国は負傷者が続出した。だが、大会にピークを合わせたチーム作りができなかったこと自体が実力であり、日本はこの最大のチャンスを、3クォーターラインから激しく当たるディフェンスを武器につかみに行った。

 昨年のロンドン五輪最終予選で、強豪チェコ相手に47-53と迫ったのも運動量の多いディフェンスを発揮したからだった。それ以降も、世界の強豪に通用したディフェンスとスピードを継続し、オリンピック次点の国が、”あと一歩”の壁を乗り越えたからこそ、つかんだ優勝だったのだ。

 これまで日本が乗り越えられなかった”あと一歩”の壁とは何だったのか。内海知秀ヘッドコーチ(HC)と選手のコメントから、優勝の原動力と今後の可能性について考察してみた。

キーワード①乗り越えた”あと一歩”の壁――宿命のライバル韓国を撃破

 過去のアジア選手権での日韓戦成績は韓国の25勝に対して、日本は5勝。韓国に勝ったのは2004年アテネ五輪予選の準決勝まで遡(さかのぼ)らなければならず、圧倒的に分が悪かった。それが今大会、予選ラウンドと決勝で2連勝。特に予選ラウンド3戦目の韓国戦を、延長で制したことが今大会のターニングポイントになった。

 日本は終盤に7点のリードを奪ったが、土壇場で連続3ポイントを決められて、残り44秒で逆転されてしまう。もはやここまでか、と思われた。しかしここから、大神雄子と渡嘉敷来夢、ふたりのエースが攻めたのだ。