2022.05.24

角田裕毅のスペインGPはベスト内容。予選でガスリーを助け、決勝でアロンソと互角の勝負を演じた

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 気温が39度に達した灼熱のスペインGP決勝を終えて、マシンから降りた角田裕毅(アルファタウリ)は疲労困憊の様子だった。

「すごく長いレースでした。マイアミも結構きつかったですけど、今回は戦っているポジションが上だったので、全体的に考えると今回が一番きつかったかなと思います」

 低速コーナーから高速コーナーまでマシンの総合力が問われるバルセロナでは、現状のAT03では苦戦を強いられることはわかりきっていた。

角田裕毅がスペインGPで大きな成長を示した角田裕毅がスペインGPで大きな成長を示した この記事に関連する写真を見る  中団グループのライバルがアップグレードを投入してきたこともあって、新パーツのないアルファタウリは金曜から苦しい戦いとなった。

 土曜午前のFP3でも依然としてマシンの仕上がりは芳しくなく、Q1突破さえ難しいのではないかという状況。さらにはピエール・ガスリーがトラブルに見舞われて1周しか走行できず、アルファタウリは極めて厳しい状況に直面することになってしまった。

 しかし、角田がガスリーの分も走り込んでデータ収集を進め、そこから予選までの2時間でセットアップをガラリと変更。これがきちんとハマり、さらにはドライバーふたりも最大限のドライビングで13位・14位という結果を絞り出してみせた。

「FP1からペースがよくなかっただけに、厳しい予選になることはわかっていましたし、Q2に行くのも厳しいのではないかと思っていました。今日もかなりマシンバランスには苦しんだんですけど、FP3からガラッと大きく変えたんで、それがうまくいってよかったです。

 チームメイト(ガスリー)がFP3で走れなかった分、僕はできるだけデータを収集して、その甲斐あって予選に向けていいクルマを作ることができました。予選アタックも納得できるアタックラップではあったので、そこは自分としても評価したいです」

 イモラ(第4戦)ではチームを牽引し、マイアミ(第5戦)では予選までは「これまででベストなビルドアップ」というレース週末の流れを組み立てることができた。決勝ではブレーキトラブルでペースを失ってしまったが、ここ数戦の角田はレース週末の組み立てが極めてうまくなってきている。その成長ぶりが、バルセロナ(第6戦)でも遺憾なく発揮されるかたちとなった。