2022.02.08

F1カメラマンが語り合う角田裕毅の素顔と可能性。エンジニアとの不仲説も「チーム内で人気があって、愛されている」

  • 川原田 剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi

F1フォトグラファー熱田護×桜井淳雄 対談
後編「2年目の角田裕毅への期待」

約30年間F1を撮影し続けているフォトグラファーの熱田護氏と桜井淳雄氏の対談をお届け。劇的な幕切れとなった2021年シーズンの印象的な場面や選手などについて語った前編に続き、後編では2022年シーズンの新マシンへの見解やF1参戦2年目となる角田裕毅選手への期待などを語り合った。(前編から読む>>)

2021年シーズン最終戦で自己最高4位に入った角田裕毅選手(桜井淳雄=撮影)2021年シーズン最終戦で自己最高4位に入った角田裕毅選手(桜井淳雄=撮影) この記事に関連する写真を見る

【角田裕毅「結果が求められる」】

ーー2月上旬から各チームがニューマシンを発表します。2022年シーズンは空力のレギュレーションが大幅に変更。タイヤのサイズも13インチから18インチに拡大され、マシンが大きく変わります。

桜井淳雄(以下、桜井) F1が新しいステージに移行します。2022年型のマシンはまるで未来から来たような印象です。シミュレーション上ではマシンのスピードはやや落ちるようですが、追い抜きはしやすくなっていると言われています。実際にどんな戦いになるのかはフタを開けてみないとわかりませんが、すごく期待感はあります。

熱田護(以下、熱田) 期待はしていますが、僕はあんまり変わらないと思うなぁ(笑)。ウイングの形状が変わっているだけで、パワーユニット(PU)は一緒です。タイヤも大きくなりますが、走り始めて第2戦くらいしたら、こんなものかと思うはずです。すぐに見慣れますよ。

桜井 まあ見慣れるでしょうね。それに過去を振り返ると、レギュレーション変更でマシンが遅くなると言われていても、各チームが精力的に開発を行ない、シーズンの半ばには「結局、前年とほとんど変わらないじゃん」といったケースも多いですからね。それだけF1の開発スピードはすごいということです。

対談したF1フォトグラファーの熱田護氏(左)と桜井淳雄氏(五十嵐和博=撮影)対談したF1フォトグラファーの熱田護氏(左)と桜井淳雄氏(五十嵐和博=撮影) この記事に関連する写真を見る