2022.02.08

日本人F1フォトグラファーが見届けたホンダの最後と歓喜の様子。「そのシーンを撮影するために1年間頑張った」

  • 川原田 剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi

F1フォトグラファー熱田護×桜井淳雄 対談
前編「ホンダ活動最終年の感動」

2021年シーズンは、最終戦の最終ラップでレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがメルセデスのルイス・ハミルトンを逆転しタイトルを獲得するという劇的な幕切れとなったF1は、すでに新しいシーズンに向けて動き出している。2月10日を過ぎると各チームが新車を発表し、2月下旬にはスペイン・バルセロナでテスト走行がスタート。約30年間F1を撮影し続けているフォトグラファーの熱田護氏と桜井淳雄氏のお馴染みとなった対談をお送りする。ふたりの作品で昨シーズンを振り返るとともに、新シーズンへの期待を語ってもらった。

2021年シーズンのチャンピオンとなったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(熱田護=撮影)2021年シーズンのチャンピオンとなったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(熱田護=撮影) この記事に関連する写真を見る

【ホンダの有終の美に「感極まった」】

ーー2021年シーズンもコロナ禍の影響で日本GPをはじめ、いくつかのレースは中止になりましたが、おふたりは何戦取材されたのですか?

熱田護(以下、熱田)
 シーズン前半戦はフランスとスペインの間にあるアンドラ公国をベースに取材して、後半戦からは基本的にGPを追いかけてホテル住まいで何とか全22戦を撮影できました。シーズン中に日本に帰ってきたのは2回だけ。コロナ禍での取材はこれでもかというぐらいトラブルが続出し、心身ともに疲れましたね。

桜井淳雄(以下、桜井) 僕は日本をベースに取材していたのですが、全部で7戦です。本当はもっと行く予定でしたが、日本からの取材はなかなかハードルが高くて......。日本から海外へ行くのはそれほど問題がないのですが、日本に帰ってくる際の手続きや、帰ったあとの隔離がすごく大変で、もういいやと思ってしまいました。なので、後半戦はあまり行けませんでしたね。

ーーそんな大変ななかで取材を続けるのは、ホンダのラストイヤーを見届けたいからだと以前の対談時にお聞きしました。2021年シーズン限りで撤退するホンダのパワーユニット(PU)をドライブするマックス・フェルスタッペンがタイトルを獲れて、取材者としてもうれしかったのではないですか?

熱田
 本当にうれしかったです。僕たちカメラマンは表彰式を撮るためにピットの下に集まってモニターを見ていましたが、正直、あきらめていました。でも、まさかの展開でフェルスタッペンが逆転でチャンピオンになり、ホンダの方々がみんな抱き合って喜んでいました。そのシーンを撮影するために1年間頑張っていたので、辛いなかで頑張ってよかった、全戦を取材するという決断は間違っていなかったなと思いました。もし、ハミルトンがチャンピオンでシーズンが終わっていたら、これほどまでの充実感はなかったかもしれないですね。

語り合ったF1フォトグラファーの熱田護氏(左)と桜井淳雄氏(五十嵐和博=撮影)語り合ったF1フォトグラファーの熱田護氏(左)と桜井淳雄氏(五十嵐和博=撮影) この記事に関連する写真を見る