2022.02.08

フェルスタッペン、角田裕毅、走行するマシン……F1カメラマンがとらえた2021年シーズン名場面

  • 川原田 剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi

F1フォトグラファー熱田護×桜井淳雄 対談
特別編「写真で振り返る2021年シーズン」

F1の現場に30年以上足を運び、撮影を続けるベテランフォトグラファーの熱田護氏と桜井淳夫氏。ふたりがカメラに収めた2021年シーズンのベストショット21点をコメントとともにお届けする。

前編「ホンダ活動最終年の感動」を読む>>

後編「2年目の角田裕毅への期待」を読む>>


photo by Sakurai Atsuophoto by Sakurai Atsuo この記事に関連する写真を見る 第12戦ベルギーGP ケメル・ストレート後のレコーム・コーナーを立ち上がるアルピーヌのエステバン・オコンとフェルナンド・アロンソ。縁石やタイヤバリアの色を生かし、きれいな写真が撮影できました。撮影場所はマシンとの距離が結構近く、自分のほうに向かってくるような感じですが、恐怖感はありません。一応、ドライバーを信頼していますから(笑)。(桜井淳雄=撮影)