2021.11.29

ホンダF1第4期、6年間の歩み。復帰戦を目指す3カ月前、事態はあまりに深刻だった

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

ホンダF1参戦2015−2021第4期の歩み(1)

 フルワークス体制で再び挑んだ第3期(2000年〜2008年)から7年----。ホンダはパワーユニットのサプライヤーとしてF1サーカスに復帰した。2015年にマクラーレンとともに歩み始め、2018年からトロロッソ(現アルファタウリ)と強力タッグを組み、そして2019年からはレッドブルも加わってチャンピオン争いを演じるまでに成長した。2021年に活動終了するホンダF1の6年間に及ぶ第4期を振り返る。

ホンダのロゴの入ったマシンがF1サーカスに帰ってきたホンダのロゴの入ったマシンがF1サーカスに帰ってきた この記事に関連する写真を見る  2014年11月25日。今からちょうど7年前のアブダビ、ヤスマリーナ・サーキットのピットレーンは合同テストに参加するマシンが行き交うなか、マクラーレンのピットガレージだけが衝立で囲われ、静けさに包まれていた。

 2015年からのF1への復帰を決めたホンダがパワーユニットの試作品を完成させ、マクラーレンとともにテスト専用車両MP4-29/1X1を持ち込んできた。1980年代後半から黄金時代を築き上げたタッグの再来とあって大きな注目を集め、テスト開始の午前9時にはガレージ前に大勢のメディアが集まった。「マクラーレン・ホンダ」という言葉が、甘美な響きと畏れにも似た未知なる可能性を感じさせた。

 しかし、ガレージ内からはエンジン音ひとつ聞こえず、そのマシンは一向に姿を現わさない。徐々にメディアの数は減り、ごくわずかな日本人メディアだけがガレージ前で延々と待ち続け、時間だけが過ぎていった。

 ガレージが開いてついにマシンがコースへと走り出したのは、午後3時10分。ゆっくりとしたスピードで確認走行を行なってピットへと戻り、午後4時に再びコースへと出て、本格的な走行を開始した直後にストップ。マシン回収を経て午後5時29分にもう一度コースインを果たしたものの、1周の確認走行を行なっただけで再びガレージへ。明らかに順調な滑り出しとは言えなかった。