2021.11.23

レッドブル・ホンダ、勝つにはすべてのパッケージに完璧が必要。残り2戦、メルセデスAMGとの差はない

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 F1第20戦カタールGPは、レッドブル・ホンダにとって完敗だった。

 不利なストレートは1本だけ。あとは中高速コーナーが連続するレイアウトは、レッドブルにとって有利なサーキットだと見られていた。にもかかわらず予選では0.455秒差をつけられ(7番グリッド)、決勝でもルイス・ハミルトンの背後に迫ることはできなかった。

カタールGPは完敗に終わったフェルスタッペン(左)カタールGPは完敗に終わったフェルスタッペン(左) この記事に関連する写真を見る  2位でレースを終えたマックス・フェルスタッペンは、自分たちにやれるだけのことはやれたと、清々しい表情さえしていた。

「スタートの蹴り出しがすごくよくて、ターン1に入って行く時点ではすでに4位まで上がった。そこから5周目までに2位まで上がれたので、ルイス(ハミルトン)とのギャップをできるだけ縮めようとトライしたんだ。僕らのレースはうまくいったと思う。ただ、今週末は彼らと戦うだけの速さがなかった」

 前戦ブラジルでは長いストレートで驚異的な車速差があり、メルセデスAMGのマシンにレッドブルは疑いの目すら向けた。だが、カタールGPでハミルトンはパワーユニットを4戦目の中古品に載せ換え、高速コーナーが多いためにリアサスペンションを沈み込ませて空気抵抗を削減するシステムも使いにくく、その効果は薄かった。来季に向けたリアウイングの荷重テストを試験導入したこともあってか、ストレートの車速差はなくなったとレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表も認めた。

「決勝でも、ストレートラインスピードはほとんど互角だった。ここ数戦はストレートラインスピードが比べものにならないほどだったが、今回はその差がなくなった。彼らのストレート速度に匹敵できたのは、シルバーストン(第10戦)以降で初めてのことだ、非常に勇気づけられるよ」

 しかし、それでもメルセデスAMGには大きな差をつけられた。肝心のコーナリングスピードで後れを取ったからだ。

「今週末を通して、メルセデスAMGに差をつけられ続けたコーナーがあった。それはターン6だ。金曜から日曜までずっと、そこで毎周0.2秒を失っていた。その点はきちんと分析し理解しなければならず、インプルーブしなければならない」