2021.02.07

女子中学生レーサーJujuが世界へ飛翔。元F1ドライバーの父は全力支援

  • 川原田剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 熱田 護●撮影 photo by Atsuta Mamoru, NODA RACING CONSULTANTS

Juju・野田英樹 親子インタビュー 前編 

後編はこちら>>


元F1ドライバーの野田英樹氏を父に持つ、中学生のレーシングドライバーJuju(野田樹潤)、15歳。2020年から海外での活動をスタートさせ、デンマークF4選手権はデビュー戦でいきなりポール・トゥ・ウインを飾る活躍を見せた。今シーズンはアメリカに戦いの場を移し、新たにF4 USに参戦する。
世界のトップカテゴリーで勝つことを目指し、父と娘の二人三脚で走り続ける野田親子に、今シーズンの抱負を聞いた!

2020年6月、デンマークF4でデビューウインを飾ったJuju(NODA RACING CONSULTANTS=写真提供)2020年6月、デンマークF4でデビューウインを飾ったJuju(NODA RACING CONSULTANTS=写真提供)
ーー2021年、戦いの場所をデンマークからアメリカに移したのはどうしてですか?

野田英樹(以下、野田) 当初はアメリカだけでなく、イギリス、イタリア、スペインあたりでF4を走るという選択肢はありましたが、やはり新型コロナの影響が大きかったです。昨年、デンマークでは結局、当初予定していたレース数の約3分の1(9戦)しか開催されませんでした。現在のヨーロッパの感染状況を見ていると、果たして今年はどうだろうか、と不安を感じました。一方、アメリカも感染者はたくさん出ていますが、昨年はどこよりも早くレースを再開し、観客を入れたレースを開始しています。その実績を考慮すると、アメリカのほうが走れるチャンスが多いのではないか、という判断がひとつありました。

 それから、Jujuをこれまで支援してくれている日本のスポンサーに加えて、今回、F1などのスポンサーをしているグローバルIT企業の「ROKiT(ロキット)」がJujuを支援してくれることになりました。ROKiT本社がアメリカにあり、「(Jujuが)アメリカでレースしてくれたら、こんなに喜ばしいことはない」とおっしゃっていました。求められるところで走り、結果を出すことがプロのドライバーにとっては大事だと思います。そういうことを本人と相談して、アメリカ行きを最終的に決断しました。

Juju 去年、デンマークに行くことを選択したのは自分の年齢(当時14歳)で走れるのがデンマークだったからですが、15歳になれば(*2月2日に誕生日を迎え、現在15歳)、ヨーロッパの多くの国々やアメリカでも走れるようになり、選択肢はどんどん広がっていきます。

 今シーズンは最終的にアメリカでの参戦が決まり、すでに何度か現地のサーキットを走ってみましたが、ヨーロッパとは印象が全然違いました。いろんな経験ができるだろうと楽しみにしています。