2021.02.07

15歳の日本人女性レーサーが目指す世界の頂。身体は吉田沙保里が目標

  • 川原田剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 熱田 護●撮影 photo by Atsuta Mamoru

Juju・野田英樹 親子インタビュー 後編

前編から読む>>


元F1ドライバーの野田英樹氏を父に持つ、中学生のレーシングドライバーJuju(野田樹潤、15歳)は今シーズン、アメリカに戦いの舞台を移しF4 USに参戦する。昨年参戦したデンマークF4選手権は、デビュー戦でいきなりポール・トゥ・ウインを飾るなど大活躍。世界のトップカテゴリーで勝利する日を夢見て、父と娘の二人三脚で走り続ける野田親子に今季の意気込みをたっぷり語ってもらった!

2021年はアメリカに渡り、F4 USに参戦するJuju(NODA RACING CONSULTANTS=写真提供)ーーデンマークF4では、ぶつかってきたライバルチームのピットに怒鳴り込みにいくこともあったようですね?

Juju デンマークに行く前の私だったら、とてもできなかったと思います。

野田英樹(以下、野田) 頑張っているなと一番思ったのは、国際自動車連盟(FIA)が主催した女性ドライバー発掘・育成プロジェクト『ガールズ・オン・トラック・ライジングスターズ』に参加した時です。ピットの中には本人しか入れないので、我々は遠くから見ているしかなかったのですが、Jujuがどうしても納得できないことがあって、エンジニアやスタッフ、FIAの担当者を相手に最後の最後までやりあっていました。もうクルマから飛び出してくるぐらいの勢いでしたね(笑)。

Juju ハハハ(笑)。

野田 本人はやり合った相手が誰だかは知らないと思いますが、昔のルノーF1のマネージャーだったり、私がラルースでF1を走っていた時代に活躍していた連中でした。他の女の子は何か言われたら、「はい」と素直に聞いていたのですが、Jujuはケンカ腰でやりあっていました。そんな姿は初めて見ました。

Juju 英語はあまり得意ではないですが、それでも言葉にすれば相手に感情は伝わります。今までは英語が不得意なことを言い訳にしてあまり喋らないことにしていたのですが、やっぱり言うべき時には言わないと。その時、一瞬の勇気を出せば、その後がいい方向に進んでいき、結果的に自分のためになります。そういう経験が1回あったので、それからは積極的に自分の意見を主張するようになりました。

野田 メンタル面だけでなく、海外の1年間で技術面でも大きく成長しました。今まではF4やF3でいいタイムを出していますが、課題はいくつかありました。セッティング能力やマシンの状況を表現する能力、短時間でマシンの最大限のポテンシャルを引き出すという点、冷えたタイヤに熱が入るまでの使い方など......。そういうところもヨーロッパの経験でかなり進歩したと感じています。