2020.11.24

大混戦のスーパーGTは最終決戦へ。レースクイーンも全力応援!

  • 川原田剛●文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 熱田護、五十嵐和博、GTA●写真 photo by Atsuta Mamoru, Igarashi Kazuhiro, GTA

国内外で高い人気を誇るスーパーGT。しかし、2020年シーズンは新型コロナウイルス感染拡大を受け、海外ラウンドのタイとマレーシアの2戦が中止となり、開幕戦が7月まで延期された。前半4戦は無観客でのレースとなったが、ドライバーたちはサーキットに来られないファンのために毎戦、すばらしい走りを見せてくれた。その結果、チャンピオン争いは史上稀に見る大接戦となっている。

富士スピードウェイで開催される最終戦の第8戦(決勝=11月29日)を前に、数字上は10台にタイトル獲得の可能性が残されているのだ。加えてホンダ、トヨタ、ニッサンの3メーカーの上位6台が自力でのタイトル争いを繰り広げることになり、最終戦はまさに各メーカーのプライドを賭けた大一番となる。ランキング上位のドライバーとマシン、レースを盛り上げるレースクイーンを紹介しよう! 

スーパーGT2020レースクイーン・マシンのフォトギャラリーはこちら
>>GT500編  >>GT300編


●ランキング1位
【No.17】KEIHIN REAL RACING 
[ドライバー] 塚越広大/ベルトラン・バゲット 
[マシン]KEIHIN NSX-GT 

塚越広大(左)とベルトラン・バゲットKEIHIN NSX-GT 
国内トップカテゴリーで活躍した金石勝智監督が率いるリアル・レーシング。スーパーGTには2007年から参戦しており、塚越広大とベルトラン・バゲットの同級生コンビは2年目。今シーズンは第2戦・富士と第4戦・もてぎで圧倒的な速さを披露して勝利を飾っているが、ウェイトハンデを積んでからの安定感も強みだ。チームと自身にとって初のタイトルを目指す塚越は「強いレースをして最終戦を勝ち、自力でチャンピオンを決めたい!」と力強く語っている。 

英美里(Keihin Blue Navigator)