2020.11.27

レッドブル・ホンダ、仕切り直しの3連戦。マシン挙動は改善されてきた

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by Boozy

 7月に3カ月半遅れで開幕した2020年シーズンも、超過密日程をこなしてついに最後の3連戦を迎えた。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて開催地が大幅に変更されたイレギュラーなシーズンは、ここ数戦だけでもニュルブルクリンク、アルガルベ、イモラ、イスタンブールと、馴染みのないサーキットでのグランプリが続いた。

今シーズン最後の3連戦に臨むレッドブル・ホンダ そんななかで、第15戦バーレーンGPは久しぶりに迎える"一般的な"グランプリ週末だ。

 サーキットもデータが豊富なら、路面コンディションも気候コンディションもいつもどおりで、レース週末も3日間を通して行なわれる。イレギュラーだらけの2020年シーズンのなかで、9月末の第10戦ロシアGP以来、約2カ月ぶりに迎える普通のグランプリなのだ。

 前戦トルコGPでは、極めて滑りやすい路面、低温、雨で多くのチームが翻弄された。なかでもレッドブル・ホンダは、金曜からいい仕上がりを見せていたにもかかわらず、雨の決勝でいくつものミスを犯して自滅してしまった。

「金曜はよかったし、土曜の途中までは順調だったのに、日曜だけがうまく行かなかった。それにはたくさんの理由があったけど。僕はスピンでフラットスポットを作ってしまったし、路面が乾いていくなかでラインが1本しかなく、抜くこともバトルをすることもできなかった。リアタイヤが他車よりもすぐに終わってしまったし、スリックタイヤに交換できるほど乾きもしなかった」(マックス・フェルスタッペン)

 チームとして多くの反省点が噴出したことは事実だが、それはイレギュラーな環境下での話だ。バーレーンにやってくると、いつもの変わらぬ風景が広がっている。

 ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターはこう語る。

「寒いヨーロッパからバーレーンに来て、雰囲気は全然違いますし、温かいですし、雨が降ることもない。天候的にも安定した3日間になるでしょうから、新しいシーズンのような気持ちで(前戦の失敗を)引きずらずに淡々と、かつ気合いを入れ直して臨んでいます。技術的には過去のデータをダイレクトにフィードバックできますから、心強いところはあります」