2020.10.26

スズキかヤマハかホンダか?MotoGPチャンピオン争いがさらにカオスに

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●写真 photo by Takeuchi Hidenobu

MotoGP第12戦テルエルGPの表彰台。フランコ・モルビデッリ(中央)が優勝を飾った 明暗がはっきりと分かれたレースだった。第12戦テルエルGPの金曜から日曜(10月23〜25日)まで3日間の推移、という軸。そして、いよいよ佳境が迫る2020年のチャンピオンシップ、という軸。そのふたつの軸から今回のリザルトを見てみると、くっきりとした明と暗の大きなコントラストが浮き彫りになったことがよくわかる。

 優勝を飾ったのは、フランコ・モルビデッリ(ペトロナス・ヤマハ SRT)。9月のサンマリノGPに続き、今シーズン2回目の勝利だ。今回のレースではフロントロー2番グリッドからスタートを決め、トップに立った後は全23周を終えてチェッカーフラッグを受けるまで誰にも前を譲らなかった。

「今日は、朝食にダイナマイトを食べてきたんだよ」

 チェッカーフラッグの後にはそんなジョークを言うほど、この日のモルビデッリは圧倒的な内容とペースでレースを支配した。序盤から中盤周回こそ、2番手につける選手がピタリと背後に張りついていたが、やがて全周回の半分を過ぎた頃からじわじわと引き離して、次第に独走体勢を作っていった。

「前に誰もいない状態だったので、毎周全力で走ろうと思った。集中力はとても高かったし、バイクのフィーリングもすばらしかった。23周を完璧に走れるくらい高い安定感を発揮できて、正確かつアグレッシブなライディングに集中できたのはチームのおかげ。決勝に向けていいバイクに仕上げてくれたことを、本当に感謝している」