2020.10.23

レッドブル・ホンダ、初開催サーキットで逆襲。
勝利のカギはタイヤにあり

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by Boozy

 F1グランプリサーカスは24年ぶりにポルトガルの国境を越え、南端の街ポルティマオへとやって来た。

 新型コロナウイルスの感染拡大によって多くのグランプリが中止を余儀なくされた結果、アルガルベ・インターナショナル・サーキットでの開催(第12戦ポルトガルGP)が実現することになった。

起伏のあるコースに期待を寄せるフェルスタッペン このサーキットは2008年にF1開催を目指して建設されながらも、F1の公式テストとGP2のレースが行なわれただけで、グランプリ開催を果たせないまま10年以上の歳月が過ぎていた。そのアルガルベに、ようやく白羽の矢が立ったのだ。

 女子サッカーの国際大会で有名な地域だが、そのサッカー場があるファロから50kmほど離れたポルティマオは地中海に面したビーチのあるリゾート地。こぢんまりとしたポルトガルの田舎町という風情だ。

 丘陵地帯にあるサーキットは大きなアップダウンがあることで知られ、GP2やユーロF3で走行経験のあるドライバーたちは、まずその高低差の変化を口にする。

「最初に圧倒されるのは、サーキットのあちこちにある高低差のすごさだね。どのドライバーもそれを口にすると思うけど、200km/h以上のスピードでコーナーが見えないところに飛び込んでいくのは普通じゃない。いろんなキャラクターのコーナーがあって、とてもクールなサーキットだ」

 2015年のユーロF3でポールポジションを獲った経験のあるアレクサンダー・アルボンは、アルガルベをそう形容した。

「坂を駆け上がってブラインドで抜けて行くようなところ(ターン8出口)では、クルマがテイクオフしそうな感じになる。そして突然下って、また上って、完全にブラインドのコーナー(ターン10〜11)に入っていく。ブレーキングをしてターンインしていくんだけど、自分がどこに向かっているのか把握できなくて、そして右にコーナーが現われたかと思うと、また急激に下っていくんだ」(アルボン)

 マックス・フェルスタッペンは、たまたま今年1月にこのアルガルベに来て、GTマシンでトレーニングを兼ねたテストドライブをしていた。