2020.10.27

日本一速い女・小山美姫。レッドブルの重鎮からの電話で海外参戦を決意

  • 川原田剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 能登直●写真 photo by Noto Sunao(a presto) 磯貝琢哉●動画 video by Isogai Takuya

速く、美しく、挑戦し続ける女性ドライバーたち 
インタビュー第1回 小山美姫 前編 

 近年、世界のモータースポーツを統括する国際自動車連盟(FIA)や自動車メーカーが若手女性ドライバーの育成・発掘に力を入れ始めた。いまだ男性中心の競技ではあるが、サーキットレース、ラリー、ドリフトなどで活躍する女性ドライバーは増加傾向だ。
そこで、国内外のさまざまなカテゴリーで挑戦を続ける日本の女性ドライバーに、モータースポーツにかける思いを聞いた。第1回は、2019年に新設された女性限定のフォーミュラカーレース「Wシリーズ」に日本から唯一参戦した小山美姫をクローズアップした。 

後編はこちら>>「美人レーシングドライバー小山美姫はストイック。F1という夢に向かう」

小山美姫フォトギャラリーはこちら>>


2019年、Wシリーズに日本から唯一出場した小山美姫 小山美姫は今、「日本最速の女性ドライバー」といっていいだろう。もともと子役としてドラマなどに出演していた彼女だが、たまたま自宅にあったカート雑誌を見て興味を持ち、5歳でレーシングカートを始めた。レースを重ねるうちに、「モータースポーツで頂点に立ちたい」との思いが膨らみ、「いつかF1ドライバーになる」と、夢を持った。

 2015年からFIA-F4選手権に参戦し、男性ドライバーとともに腕を磨き、17年に日本で始まった女性のレースシリーズ「競争女子選手権 (KYOJO CUP)」で2年連続チャンピオンを獲得。そして19年には、女性限定の新しいフォーミュラカーレース「Wシリーズ」に、世界30カ国100人以上の応募者の中から見事トップでオーディションを勝ち抜いた。

 Wシリーズ参戦初年度はランキング7位。20年はレッドブルのサポートを受けることが決まり、拠点をイギリスに移してチャンピオン獲得に向け戦うことになっていたのだが......。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、Wシリーズが中止となって帰国。現在は21年のWシリーズに向け、トレーニングや英語の勉強に励む日々を送っているという。

ーー2020年のWシリーズは中止となりましたが、いつ帰国したのですか? 

小山
 今年はWシリーズ一本に専念する予定で、レッドブルの本拠地があるイギリスのファクトリー近くにアパートを借りていました。年明けからイギリスに渡り、タイトル獲得に向け準備を始めていましたが、新型コロナ感染が広まり、現地はロックダウンとなって何もできなくなってしまいました......。そこで急遽、日本で帰国制限がかかる直前の3月下旬に帰ってきました。