7年6回王座獲得。MotoGPホンダのエース、マルケスの強さの根源

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 しかし、この世に完璧な人間など存在しない。

 完全無欠に見えた一時期のバレンティーノ・ロッシが決して無敵ではなかったように、マルケスもやはり無敵ではない。彼らのように史上最強のライダーでも、ときに焦りという感情は、己をむしばむ裡(うち)なる敵として作用する。マルケスの場合、それが今年の初戦スペインGPでの転倒と骨折、そして数戦の欠場という顛末(てんまつ)につながったともいえるだろう。

 また、敵は己自身の裡のみならず、外からもひたひたと押し寄せてくる。年々歳々人同じからず、と古諺(こげん)にもあるとおり、最年少記録を次々と塗り替えてきた無邪気な若者も、今では27歳の青年になった。若い世代の選手たちにとって、マルケスという存在はすでに、倒すべき大きな目標である。

 グランプリ界を制覇する圧倒的な王者とその打倒を狙う好敵手、そして新たに台頭してくる若い世代の争いは、今まで何度も繰り返されてきた。これからもまた、時代とともに登場人物を入れ替えながら、彼らの果てしない戦いは続いてゆく。
(ダニ・ペドロサの回につづく)

【profile】 マルク・マルケス Marc Márquez 
1993年2月17日、スペイン・サルベーラ生まれ。幼少期からオートバイに乗り始める。カタルーニャ選手権やCEV(スペイン選手権、現・FIM CEV レプソル国際選手権)で実績を積み、2008年に125ccクラスでデビュー。10年に同クラスで年間グランプリとなる。11、12年のMoto2クラスを経て、13年に最高峰のMotoGPクラスに昇格。同クラスで19年までに計6回のチャンピオン獲得。2020年シーズンはレプソル・ホンダ・チーム所属。

6 / 6

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る