2020.08.14

レッドブル・ホンダ、いざ反撃へ。
予選モード禁止の流れは吉と出るか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by Boozy

◆「美しき世界のF1グリッドガールたち」のフォトギャラリーこちら>>>

 感動的な今季初優勝を遂げた70周年記念GPから中3日で、F1はすでに第6戦スペインGPのレース週末を迎えている。

 シーズン開幕戦から圧倒的な速さと強さを誇ってきたメルセデスAMGの牙城が崩れ、そのままレッドブル・ホンダの逆襲が始まるのか? 世間のそんな期待とは逆に、レッドブル・ホンダ自身は冷静に現実を見ている。

今季初優勝から中3日でスペインGPに臨むレッドブル・ホンダ マックス・フェルスタッペンはこう語る。

「あれはタイヤが柔らかかったからできたことで、いくつかのチームがブリスターに苦しむなか、僕らはそれがなかった。だから今週、僕らにブリスターが発生するような状況なら、大きくグリップを失うことになるし、プッシュもできない」

 レッドブルが速かったというよりは、メルセデスAMGが遅かった。それは、レッドブルと中団グループの差がほとんど変わっていないことから、自然と導き出される結論だ。

「中団グループの他チームと比較すると、僕らのパフォーマンスは少しよかったけど、ものすごくいいというわけではなかった。つまり、メルセデスAMGがとにかく遅かっただけのことだよ。ブリスター問題のせいでね」

 メルセデスAMGはリアタイヤの接地部分に激しい熱ぶくれが発生し、ゴムを失っていった。それを防ぐためにペースを抑えて走ったにもかかわらず、他の多くのチームよりも激しいブリスターに見舞われたのだ。

 金曜フリー走行よりも5〜6度高い路面温度が、リアタイヤをスライドさせてオーバーヒートさせ、ブリスターを発生させた。その理由はメルセデスAMGもしっかりと分析してきているようだ。

 例年ならば5月に行なわれるスペインGPだが、今年は8月に開催。南欧の暑さと直射日光の強さは、F1チームにとっても未知数だ。バルセロナ入りしたホンダの田辺豊治テクニカルディレクターも、その陽射しの強さには驚いているという。