2020.07.15

スーパーGT開幕!自粛期間中はF1ドライバーも使う必須アイテムを活用

  • 川原田剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

コロナ禍のスーパーGTドライバー 前編

 国内最高峰のスーパーGTが7月18、19の両日に富士スピードウェイでいよいよ開幕する。3月中旬に岡山で行なわれた公式テストの後、新型コロナウイルスの感染拡大により、すべてのテストとレースは延期・中止となっていた。
 自粛期間中、F1やスーパーGTなどトップカテゴリーに参戦する多くのドライバーたちは自宅でシミュレーターを使った練習に取り組んだり、バーチャルのレースに出場したりしていた。
 スーパーGTに参戦する塚越広大選手(ケーヒン・リアル・レーシング)もその一人。国内トップドライバーにシミュレーターの効果や、ついに再開されるスーパーGTへの意気込みを聞いた。

自宅内に設置したシミュレーターを使って練習する塚越広大選手-ースーパーGTは、3月14、15日に行なわれた岡山の公式テスト後、テストやレースイベントが延期・中止になっていました。6月28、29日に富士スピードウェイで公式テストが再開されましたが、その間の約3カ月半はどのように過ごしていましたか?

塚越 僕のドライバー人生でもこれほど長い間、休んだことはないですね。ここ数年、スーパーGTは11月に最終戦が行なわれ、翌年1月にはもうマレーシアのセパン・サーキットでテストが始まっていました。それから4月上旬の開幕戦までは毎月テストがありましたので、ここ数年はマシンに乗らない時期は長くても1カ月半ぐらいでしたから。

 自粛期間中は、とにかく感染しないことに気をつけていました。自分が感染すれば家族やチームだけでなく、結果的に他のチームやレースの主催者にも迷惑をかけてしまうので、なるべく外出しないことを心掛けていました。だけど、身体を鈍らせないために、トレーニングはしなければなりません。自宅で自重を使って体幹を鍛えるトレーニングやストレッチをしたり、近所の公園をジョギングしていましたね。

-ー今回のコロナ禍をきっかけにF1やスーパーGTなどに参戦する世界中のドライバーたちがシミュレーターを始めています。塚越選手も導入したとのことですが、その理由は?