2020.04.28

コロナ禍でF1も危機。4チームが来季を待たずに消滅する可能性も

  • サム・コリンズ●取材・文 text by Sam Collins
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

中断している今季F1。再開はいつになるのか不透明なままだ 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、このパンデミックが経済に与える影響もまた、大きな焦点になりつつある。世界各地で国や都市の「ロックダウン」が続き、多くの産業が停止状態に陥り、世界経済は急速に減速しているからだ。

 このウイルスが与える経済的な影響は、すでにF1を始め、主なシリーズで開幕のめどすら立たないモーターレース界でも顕著に現れており、いくつかのF1チームの将来にも暗い影を落とし始めている。レースが行なわれていないため、チームのスポンサー収入が途絶えたり、大きく減少したりするケースが増えており、一部のチームは深刻な「倒産」のリスクに直面しているという。

「この状況は、いくつかのチームに壊滅的な打撃を与える可能性がある」と警告するのは、マクラーレンのチームボス、ザック・ブラウンだ。

「今世界で起こっている現実を直視し、我々がこの状況に正面から積極的に取り組まなければ、近い将来、少なくとも2つのチームがF1から消滅してしまうだろう。そして、適切な方法で対処できなければ、最悪の場合、さらに2チーム、合計4つのチームが姿を消す可能性がある」

 2010年代の後半、HRT(2012年に消滅)、ケータハム(2014年途中で消滅)マルシャF1(2014年末に消滅)といった「新興チーム」が立て続けに姿を消して以来、F1は何とか現在の10チーム20台体制を維持してきた。とはいえ、その後も財政基盤の弱いプライベーターチームの経営状況は不安定なまま。2年前、アルファロメオがザウバーへの支援を決断する直前、スイスに本拠地を置くザウバーチームには電気代を支払う余裕がなかったと噂されていたほどだ。