2020.02.27

レッドブル・ホンダ、テストは順調。
メルセデスと比較、現状の差は?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 2020年は勝負の年——。

 レッドブル・ホンダにとって、間もなく開幕する2020年シーズンは勝負の年になる。勝負とはもちろん、タイトル獲得を賭けた勝負だ。

テスト前半の3日間はトラブルなく走り込んだレッドブル・ホンダ レッドブルはホンダとのタッグ2年目となる今季、アグレッシブなマシンを完成させてきた。ホンダも昨年以上にパワーと信頼性を向上させたパワーユニットを用意し、レッドブルと一体となってマシンパッケージを作りあげてきた。

 2月19日〜21日に行なわれたバルセロナ合同テスト前半の3日間では、計471周2192kmを走り込んだ。

「RB16の初期フィードバックは、とてもポジティブだ。このオフの間に改善したかった空力的な部分も、しっかりと改善できていた。RB15でもう少し改善したかった全体的なスタビリティ(安定性)も、昨年メルセデスAMGが非常に優れていた低速域のパフォーマンスも、ともに前進している」

 ドライバーたちはいつものようにメディアに対して当たり障りのないコメントに徹していたが、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表はRB16の仕上がりに満足している様子だった。