2020.02.23

メルセデスAMG、衝撃の新マシン。
革新的システム「DAS」とは何だ?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 2020年シーズン開幕を1カ月後に控え、バルセロナでは開幕前テストが始まり、2020年型マシンが走り始めた。

 今季は昨年からレギュレーションが変わらず、2021年には完全刷新とも言える大きなマシン規定変更が控えている。それだけに、どのチームも開発に投じるのは限られたリソースであり、昨年からの無難な正常進化型で挑むのではないかと思われていた。

ライバルたちを驚かせたメルセデスAMGのニューマシン しかし、2020年型新車のトレンドは、それとはまったく違うものになっていた。

 まず目を引いたのは、レッドブル、マクラーレン、ルノー、レーシングポイントと、実に4つものチームがメルセデスAMG型のスリムなノーズを模倣してきたことだ。つまり、今季は5台ものマシンが同じようにスリムノーズを採用し、一大トレンドとなったわけだ。

 ノーズ幅をスリムにすることで、マシンの床下やサイドポッドへの気流をスムーズかつ大量に流し込むことができるため、空力的なメリットは大きいという。しかし、クラッシュテストでノーズに義務づけられる衝撃吸収能力をスリムな容積で確保するのは難しく、ノーズ内の構造にかなり気を配らなければならない。