2019.04.12

レッドブル・ホンダのグリップ不足に
解決の糸口。次はチャンスあり

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 開幕戦で幸先よく表彰台を獲得したレッドブル・ホンダだったが、第2戦・バーレーンでは前を追うどころか、逆に失速してしまった。今週末の第3戦・中国では挽回できるのだろうか。

 チームはバーレーンGPで決定的なグリップ不足に悩まされ、両ドライバーともに速さを引き出すことができなかった。翌週に同地で行なわれた合同テストでは、その原因究明のために徹底的なデータ収集と分析作業が行なわれ、チームはその原因を特定したという。

フェルスタッペンとガスリーは中国GPで挽回できるか 問題は、サスペンション周りのセットアップにあった。

 テストで1日ドライブしたマックス・フェルスタッペンはこう語る。

「結論としては、僕らはセットアップを間違っていた。残念ながら、レース週末全体においてね。メカニカル面のセットアップだ。十分に大きなミスだったと言うべきだろう。テストでかなり理解を進めることができたので、僕らはそのミスから学んでさらに強くならなければならない」

 フェルスタッペンいわく、サスペンションのセッティングに根本的な間違いがあり、そのせいで、どうセットアップ変更をしてもマシンバランスが定まらず苦労したという。コーナリングの途中でマシンバランスが変わり、突然リアが抜けてしまう――だから、思い切って限界ギリギリでコーナーに飛び込んでいけないという症状だ。

「グリップ不足に苦しんでいたせいでスライド量が多くなり、そのせいでタイヤがオーバーヒートして、さらにグリップを失うという状況だった。いずれにしても、決勝ではどちらのタイヤでも僕らは遅すぎた。だけど、マシンバランスが快適に走れるようにまとめられれば、かなり彼らに接近することはできるだろう。3位表彰台だって確実に獲れていたはずだ」

 テストでその問題の原因究明と対策はすでにできており、「イージーフィックス(簡単に解決できること)だ」とフェルスタッペンは言う。中国GPで同じ轍(てつ)を踏むことはなさそうだ。

 しかし問題は、それが解決してRB15本来の速さを発揮できたとしても、開幕戦のようにフェラーリやメルセデスAMGの後塵を拝することに変わりはなさそうということだ。