2019.03.06

「いきなり優勝」の現実度。
レッドブル・ホンダは速いのか、遅いのか?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 レッドブル・ホンダは勝てるのか?

 2019年の開幕前テストの全日程が終了したが、我々がもっとも知りたいその疑問に対し、レッドブル・ホンダは明確な答えを提示することのないまま、バルセロナを後にした。

開幕テストでは目立ったタイムを記録することなく終わったレッドブル・ホンダ 8日間にわたって目立ったラップタイムを記録することもなく、タイムシート上の順位でも上位に名を連ねることはほとんどなかった。テストが本格化した後半4日間の総合タイムでも、ピエール・ガスリーが11位、マックス・フェルスタッペンが17位という結果だった。

 しかし、レッドブル・ホンダに勝つチャンスがないわけではない。

「ロングランのペースを見れば、僕らも有望だ。車体とパワーユニットのパッケージはとてもうまく機能して、僕らは満足している。気持ちよくドライブすることができているし、レッドブルとホンダの共同作業のスムーズさもすばらしいので、とてもポジティブだよ」(ガスリー)

 ライバルたちがもっとも柔らかいC5タイヤで予選アタックを行なうなか、レッドブル・ホンダは自分たちのテストプログラムに集中し、淡々とロングランを続けていた。

 テスト1週目はマシンの基礎データ収集に専念し、2週目に入ってからはさまざまなセッティング項目をセミロングランでチェックしつつ、マシン開発の方向性を見極める作業を続けてきた。目立ったタイムを出していないのは、そのためだ。

 だが、残り2日でフルレースシミュレーションと予選シミュレーションを行なおうとしたところで、問題が起きた。テスト第2週3日目の午後、レースシミュレーションを開始して第2スティントに入ったばかりのタイミングで、ガスリーが激しいクラッシュを喫してしまったのだ。

 7速をほぼ全開で走る右の高速コーナーのターン9。その進入でわずかにタイヤをアウト側の縁石に乗せてしまい、ターンインした瞬間にコントロールを失ってスピンし、後ろ向きにバリアに激突した。